自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
沖縄密約情報開示訴訟
 3月16日に元毎日新聞社記者・西山太吉氏や作家・澤地久枝氏なそ25人が原告団となって、沖縄密約資料開示の訴訟に踏み切った。1972年5月15日の沖縄返還にともない、一部基地の土地を所有者に返すにあたり、農地として使えるようにするために400万ドルの費用がかかる計算になるが、アメリカが負担するといっていたし、それが当然の筋というものだが、それを最終的にアメリカは拒否し、日本政府が税金をつかって費用を肩代わりした。そのことをスクープした西山記者は、逆に機密漏えい事件として政府から訴えられる。スクープ元が外務省事務官で女性であったこともあり、権力よりのマスコミにリークし続け、男女の情交から発した機密漏えい事件にすりかえられることになる。

 1972年の沖縄密約事件では400万ドルの日本政府の肩代わりは氷山の一角で、総額では6億8500万ドルにものぼる日本政府負担の機密が、30年経過した外交機密開示されるアメリカの公文書館で、その文書が見つかる。外務省アメリカ局長であった吉野氏のサインがあり、本人も自筆であることも認めている。それにもかかわらず、いまだに日本政府は全く認めていないし、そもそも日本側にはその機密文書がないといい続けている。

 民主党副代表の岡田氏は政権交代が実現したあかつきには、外務省に文書を出させると公言した。永田町の手のひらで踊らされている自公政権よりは民主党の方がまし、という消極的意見ではあるが、ぜひとも政権交代を実現してもらいたい。そうすれば高級官僚も政治家も人間だから考え方が変わっていく。

 日本政府を相手取った訴訟は世論の動向が一番のインパクトになる。そのためにはマスコミで大々的に流されるニュースにはいつでも眉唾ものだ、という意識で受け入れる必要がある、と常日頃からおれは思っている。国民はもう少しお利口になる、それだけで社会は大きく変わるんだ、と自覚して欲しいな。

 国民の知る権利の保障というのは将来の日本社会にいい影響を及ぼす。政治家や高級官僚の暴発を防ぐという意味で、どうしても足かせが必要なのは日本の近代史を勉強すればすぐに判ることだ。政権交代実現のために総選挙では投票所に足を運ぶ。そして自民党・公明党以外の政党に投票する。断じて棄権はするな。棄権は現政権を間接的に支持することにつながる。それがほんの少し国民がお利口になるという中身のひとつなんだ。
[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2009-03-25 20:47 | 日本ななめ切り
小沢氏 続投
 大方の予想通り、天下のザル法・政治資金規正法違反だけで小沢氏の第一公設秘書を東京地検は起訴してしまった。これを突破口に新たな事実があるならまだしも、新しい事実の提示はなにもない。ムリ筋もいいところだ。元外務省事務官で国策捜査により起訴された佐藤優が「青年将校化する検察」と言ったそうだが、自分達の正義をゴリ押しした。おそらく権威に弱い日本国民の大多数は小沢はクロ、とおもってもしかたがない。

 こんな形式犯で衆議院選が間近にせまり政権交代をするかもしれない野党第一党の党首の側近をしょっ引くとは、よほど検察をはじめ高級官僚たちは、民主党が政権をとることに恐れをなしている、としか思えない。政権をとった暁には、民主党は取り調べの可視化法案を国会に提出すると公言している。密室の取調べが天下にさらされる。警察同様検察だってビクビクものだろう。それに民主党は高級官僚うずまく永田町支配を打破しようともしている。

 小沢氏本人が言っている通り、政権交代をして議会制民主主義を日本に根付かせることが一番肝要なことだ。民主党は一丸となってこの難局を乗り越えなくてはならぬ。そして検察官の圧力に負けて秘書が東京地検が望む内容をゲロッて代表辞任になっても、政権交代できれば本人は本望なのではないか。政策的には小沢氏とは意見があわないが、筋を通す男気におれは魅力を感じている。

 
[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2009-03-25 07:51 | 日本ななめ切り
2兆円バラマキ、さらにもう一押し
 第2次補正予算で2兆円給付を麻生内閣は強引に推し進めようとしている。一人14000円になるそうな。総選挙前とはいえ、衆愚政治にもほどがある。まあだれでも納めた税金が帰ってくることは嬉しい。しかし、だ。ほとんどの国民が気づいているように、ほかに有効なカネの使い方があるのではないか。

 経済が停滞しているからこそ構造改革が一気に推し進められるのでないか。たとえば電気自動車EVを買った人間には100万単位の大幅な財政支援をするとか、他にも太陽パネル・風力発電、環境関連製品はすべてもれなく政府援助をする。そして個人が生産した余剰電力はドイツのように適正価格で電力会社に買い取らせる。個人も潤うようにするわけだ。これだけでも民間の環境関連製品の大量生産に拍車がかかり、生産コストが落ちて、うまくすると2兆円は見せ金で済む可能性もでてくる。停滞している内需が活発になり雇用の増大にもつながる。同時にワークシェアリングを一気にすすめ、オランダのようにフツウに働けば、経済的心配もなく人間としての最低限度の生活をすることができるようにする。これこそが社会が安寧でいられる環境だろう。

 最大の弊害が、官僚組織と財界のの傀儡政権としての自民党と貧乏人をかかえた公明党の存在なのだろう。その自民・公明党政権の延命策として2兆円をばら撒くのであれば、麻生首相も景気対策といっているんだから、それはそれでしっかりと国民は頂戴して、あらたに2兆円を道路財源あたりから、引っ張ってくるのも一つの手だな。更なる内需拡大のために使っていただきましょう。日本国にはまだカネがある。カネのあるうちに環境問題を克服しつつ経済活性化のために使わないと、なくなったときにはどうしようもなくなるのは、個人の台所事情と同じだよ。

 さてと、子供の時から与えられた教材の習得にほとんどの時間を費やし、自分の頭で物事を考える習慣がない受験秀才でならし東大法学部を頂点として世間から頭が良いとされている日本の指導者は、マニュアルのない今後の世界の動向のなかで、どうされることやら。

 
d0019375_1941329.jpg

[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2009-01-10 20:28 | 日本ななめ切り
2009年を迎える
 2009年を迎えた。2008年度は私生活では散々な目にあった。自分の会社の倒産、だ。その結果、借金が残り、従業員3人を解雇した。従業員に対しては大変申し訳ない思いでいる。たまたまそのうちの一人が、大晦日に連絡をくれた。またできたら一緒に仕事をしたいといってくれた。半分お世辞とはいえ、首にした人間から、電話連絡がもらえることは思ってもいなかったので、すこしジーンときた。

 倒産なんかで、カネのことなんかで負けてたまるか、と自分に言い聞かせている。あいかわらず一寸先は闇、の生活をしているが、ガキのころの食うか食わずの生活からすれば、まだまだ天国の生活だ。精神的な余裕が若干残っているのが、せめてもの救いだ。
[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2009-01-01 01:50 | 私的なこと
日本の若者よ、いつまでもなめられてるんじゃねえ
 昨今の非正規雇用の突然解雇の問題は、社会の最底辺でもがいている若年層を中心におおきな社会問題となってきた。しかし弥縫策に長ける自民党政権は、一時金を払ったり、住宅を確保するといったことで、政府はやれることはやってます、という顔をみせる。第二次補正予算で国民に2兆円ものお金をばらまくよりは、今後新しい雇用を増やすような方策のために使えばいいとおもうのはおれだけではあるまい。

 これはひとえに高度成長の成功から思考が抜き出せない長老が各分野に君臨しているからだ。政界・財界・官僚の実権者は、自身の既得権益保護の思考から全く抜きだせないでいる。そして自分たちの安泰のために面倒な問題は全て先送り、つまり若者の世代にツケをまわすということなんだ。

 いつまでもなめられているんじゃねえ。まともに働いて生活ができないという社会自体がおかしいんだ。こんな社会は叩き潰すに限る。そのためには世直しの一揆しか事態解決の方法はないんだ。実力行使だよ。デモる、警察や機動隊とぶつかる、おれが高校生の時にしていたことだ。どうせ、非は権力者側にある、対峙した警察や機動隊の同世代に向かって堂々と怒鳴りつけてやれば良い。おれたちにもまともな生活をさせろ、とか、どうして税金で食っているお前らが家があって、公務員を支えているおれたちに家がないんだ?とかな。文句はなんでもいい。せっぱつまればそのくらいのことは言えるだろ。

 日ごろから象徴的に言っている冷蔵庫が空になってきた家庭が増えてきた。現象自体は残念だが、これこそが社会変革の原動力だ。
d0019375_17482186.jpg

[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2008-12-30 17:41 | 日本ななめ切り
オバマ新大統領に想う
 おおかたの予想通り、民主党もオバマ氏が大統領になった。イラク戦争や金融危機で急激に国民の支持をうしなっていたブッシュ現大統領の失政が、民主党への追い風になる。またインターネットを駆使して、若者層の支持も取り付けた。ボランティアによる草の根民主主義を体現できたこともおおきな成果だ。フレッシュな風貌をもつオバマ氏をみていると、気持ちがほっとするのは俺一人ではあるまい。

 しかし難題が山積みしているな。金融危機から発した実体経済への波及・イラク戦争・アフガニスタンでのテロとの戦い・地球の環境問題、どれひとつとっても簡単に解決できるものでもあるまい。しかしワシントンのロビー活動から程遠い新大統領は、強行突破で一つ一つ難題を解決していくかもしれない。

 まずは破産状態の自動車業界・ビック3をどうするのか。大きき過ぎてつぶせないこの三社をどのようにするのか、お手並み拝見だ。おそらくブッシュ政権8年の間に、しっかりと勉強を積んだ民主党のブレーンがたくさんいることだろうから、人材には事欠くまい。

 それにしても世界最大の強国の大統領に上り詰めた初めての黒人大統領の偉業には全世界の黒人だけでなく白人優位の近代社会において有色人種にも輝かしい希望を与えてくれた。間違いなく世界は、アメリカだけでなくCHANGEの時代に入った。

 
[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2008-11-07 00:30 | 日本ななめ切り
衆愚政治、ここに極まれり
 麻生内閣のばら撒き政策にはあきれるね。2兆円を国民にばら撒いて景気が浮揚するとおもっているようだ。それでも大多数の国民はもらえるものはありがたくいただくということなのか。どうせ3年後に消費税を上げられて、還付金以上のカネが国に吸い取られていく。

 それに日曜日の高速代金1000円乗り放題というのも眉唾ものだ。ATM車しかその恩恵を受けられない、ということはATMを買わないといけない、ということになる。ATM関係の会社には警察の幹部OBや国土交通省のもと高給官僚がわんさかと天下りしている。彼らの退職金水増しの温床にATMの売り上げ増が寄与するのは火を見るよりも明らかだ。

 トラックはATMを装填していようと除外だという。ということはトラックの運ちゃん、少しは休んで家族サービスをしろよ、というお上の暖かいお志なのか?正反対もいいところだろう。ヨーロッパのように土・日はトラックは走ってはならん、と法律で定めるなら国民生活向上にたいへん寄与するとおもうが、契約社員でこき使うだけ使って、ぼろ雑巾になったらポイ捨てがまかり通っている日本の現状を見るにつけ、労働法もこのままで言い訳がない。どうせ景気が良くても悪くても労働者は生かさぬよう、殺さぬようの精神で経営者側は労働者をみている。原則正社員にしない限り、労働者の権利は絶対に守れない。

 スペインでは当たり前のことが日本では非常識になっているから、労働者が追い込まれ、その家族が追い込まれ、共同体が壊れて社会全体がおかしくなるということに多くの日本国民は気づいたほうがいい。つまり現状の労働条件を受け入れるということは、社会調和を崩壊させているんだ。そして日本という国が徐々に沈下する一翼を国民一人ひとりが後押ししていることになる。

 自分の生活や家族を守りたかったら、社会にたいしては永遠の戦いをするしかないんだ。
[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2008-11-03 22:08 | 日本ななめ切り
やっと金融恐慌の入り口にきたか・・・
 最高74兆円にのぼる米国民の税金で不良債権を買い上げる金融安定化法案が再投票の結果、アメリカ下院を賛成多数で通過した。下院が一回目投票で同法案を否決したとたん、NY市場は777ドルという過去最大の下落でお返しをした。こうなると、選択肢は賛成しかありえない状況だ。案の定、株式市場の下落にともない円高ドル安にシフトしている。1ドル100円以下になるのも時間の問題だろう。超短期的には(半日ぐらい)ドル高・円安になるから、さっそくドルへ投資をしておくことにするか。

 嵐の前の静けさが終わろうとしている。アメリカやヨーロッパのインターバンクの短期市場ではカネの融通ができなくなってきた。いつ市井の銀行への一般市民の取次ぎ騒ぎになるか、というところだ。こうなったらパニックがおこる。これをいかに軟着陸させるかだが、ヨーロッパでは銀行の事実上の国有化宣言で乗り切ろうとしている。しかし国有化をすれば、ユーロは対円で大幅にさがるだろう。つまり、紆余曲折はあるだろうが、生活実感である1ユーロ・100円の時代が訪れることになる。

 いまのところ金融恐慌という火事の火の手が上がっているので、火を消し止めるのに世界中の強国が大わらわというところか。それにしてもだ。金融資本にいいように操られている、むき出しの資本主義への再考論議がもっと活発になってもいいだろう。少し前まで、気候変動が取り返しがいかないところまでいていると大騒ぎしていたのだから、持続可能な経済発展ということさえも、疑問の目で見る意見もあっていいんじゃないか。経済的発展をしたところで、精神が腐っていれば、人間は幸福になれないことは、日本の皆さんならば、日々実体験しているのではないかな。

 いつも言うことだが、自分の家の冷蔵庫が食材でパンパンになっている間は、本質的な社会変革はありえない、ということだ。
[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2008-10-06 19:45 | 日本ななめ切り
溶解社会
 事故米不正転売問題で農水大臣が農水省には責任がない、と言ったり、年金改竄問題で厚労相が組織的関与があったことを認めたりと、社会としての末期的症状が次から次へと噴出している。

 人体に問題がある米を食用として転売することは、経営者の人間としてのモラルがおかしくなっている証拠だ。モラルがひとによっててんでんばらばらでは、社会としての共同体の体をなしていない。こんな溶解した社会はとことん落ちて、みんなが骨の髄まで痛い目に遭わないと社会再生はありえない。

 年金改竄問題もしかり。批判する気も失せる。こんな大人社会を見て育つ日本の子供たちがかわいそうでならない。まともな感覚をもった大人になるわけがないじゃないか。モラル喪失世代の大量生産だ。

 特効薬などないし、いらない。日本経済が瀕死の状態になれば、そこから新しい秩序が生まれる可能性がある。今回アメリカがAIGを救済をして金融恐慌を避けるのに必死だが、この一年以内に、金融関係の大型倒産や合併が軒をならべることになろう。金融恐慌を端を発しアメリカの覇権が吹っ飛ぶような世界が実現するとその波は日本経済を襲い、おれが理想としている溶解社会壊滅のための処方箋になる。まあ、そう簡単にアメリカは覇権を手放さないし、たんまりドル建て債権をもつ日本やEUが必死で先進国連合の第一社会繁栄維持のために結束するから、事はそう簡単には運ばないとはおもうが・・・

 個人的には近未来の騒動がいろいろ夢想できて、最近まれに見る高揚感がある。こんな楽しいことはないな。世界恐慌が起これば、おれも経済的逼迫をもろに受ける。たとえ自身が奈落の底に沈んでも、微動だにしない精神を維持する自分でありたい。
[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2008-09-18 17:49 | 日本ななめ切り
9.11テロ  七年が経ったか・・・
 9.11のテロから7年の歳月が流れた。いまでもイラクで、アフガニスタンで、パレスチナで、住民たちが死んでいく。アメリカで起こったテロは最大限にマスコミで喧伝されるが、9.11以上の惨事に見舞われているこれらの地域では世界規模での民意が低いせいか、虫けらが殺されていくかのような報道ぶりだ。

 世界最強の国でのテロの非だけがニュースをにぎわす。この現象を受け入れているわれわれの立ち位置が一番問題なんだ。もっとテロリストとは何なのかを自分の頭で考えることがたいせつだ。そこから彼らとの接点が見出せよう。そうすればテロ撲滅のための道筋がでてくる。テロは悪だ。自由主義社会を守るために圧力をくわえたところで、くさいものには蓋的な態度ではなんらテロは世界からなくならない。テロの背後にある圧政や貧困問題に第一世界は真剣に取り組まないかぎり、テロ問題は解決しないんだ。

 たまたま、1991年に亡くなられた竹中労(たけなかつとむ)さんのテロに対する考え方を示す映像をYOU TUBE http://jp.youtube.com/watch?v=ysk6ukC6-nEで発見した。おれが言いたいことを十分に言い表しているので、参考にしてほしいとおもう。
[PR]
# by kitatakeshi-blog | 2008-09-12 21:19 | 日本ななめ切り