自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
北朝鮮 人工衛星発射
 相手の国の発表にならい、ここでははっきりしないが人工衛星ということにする。人間関係でも同じだが、相手の考えを尊重するところから、友好関係が構築されると思うからだ。こんなことを書くと、北朝鮮の肩をもちやがってとおもう輩もいるとおもうが、国と国がケンカ状態というのは、両国民にいつでも災難が降りかかり、人間が生きていくための衣食住の確保さえママならず、ついには命を落とす国民も出てくるのは歴史が示す通り。

 北朝鮮と敵対する日本政府はさっそく対北朝鮮経済制裁の1年延長を決めた。この制裁でどれだけの北朝鮮の国民に打撃を受けるか、は疑問だ。それよりも北朝鮮国民は、日本はなんてひどい国なんだ、植民地時代と少しも変わっていないとおもい、国民の団結強固につながっていく。体制を強化するだけだ。組織・体制というのは外敵には強いんだよ。内部崩壊にいちばん弱い。日本政府が本気で北朝鮮の脅威を取り除きたいのなら相手に塩を与えることだ。そして日本の良さをこれでもか、これでもかというぐらい北朝鮮人民に示すだけでいい。時間はかかるだろうが内部崩壊し強権政治が終わりを告げ、人々の命を奪われることなく、いつの日か両国政府の和解の日が訪れよう。

 そうなれば、北朝鮮の人工衛星打上げも、日本国民も素直な気持ちで受け入れられよう。アメリカのスペースシャトルの打上げのように。

 人間関係でもそうだが、お互いの信頼関係の醸成が危機意識をなくし、友好の架け橋になる。そして一番たいせつなことは両国民の命が奪われないですむ、ということだ。

 おっと大本営NHKが「日曜討論」なる日本政府見解に近い5人の識者を集めて、枝葉末節な討論を始めた。戦国時代の上杉謙信が敵の武田信玄に塩を与えた故事を思い起こしたい。
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2009-04-05 17:07 | 日本ななめ切り
北朝鮮ミサイル誤射報道
 ミサイル誤射報道が日本のマスコミを賑わしている。詳細が発表されていないので憶測でしかないのだが、このことによって、公権力は、防衛システムの見直しのために予算を持ってくる布石ができた、ということができよう。

 誤射報道で大騒ぎしている日本のマスメディア報道の影で、パキスタンでは米軍無人偵察機がアルカーダが潜んでいると見られる場所にミサイルを打ち込み、一般住民が10名以上が虐殺された。殺されたパキスタン住民の家族はアメリカ軍をどのようにおもうのだろうか。そして自陣営には人が死ぬという痛みを伴わない無人偵察機からのミサイル攻撃。圧倒的な軍事力を背景のまえに、家族の幸せを願い、細々とした生活をしている住民を虫けらのように虐殺することは日本では小さな三面記事でしかない。

 敵対するということは最終的には一般住民の虐殺に帰結するのは、ほんのすこし世界の、日本の歴史をかじれば判ることだ。いま日本の公権力がしていることは、北朝鮮と敵対するということだ。この状態が続けば、最終的にはどうなるか。言わずもがな、である。

 自衛隊といえば、実戦さながらの警備体制をしいている。たとえば秋田の駐屯地では鉄条網を張り巡らせ、警戒にあたっていた。ミサイルの部品の落下と鉄条網を敷き詰めることへの因果関係がどうもよくおれにはわからぬ。が、おそらく北朝鮮軍が日本に攻め寄せてくることを想定しての訓練作業の一環としてしているのだろう。それを大本営発表のようにNHKやマス・メディアに流させる。危機感をあおり、戦時体制に国民を慣らさせていくわけさ。有事体制、なんじゃ、それは。今後「有事」なんてあいまいな言葉をオレは使わない、戦争体制だ。

 うまいシナリオだ。さすが現政権に擁護されているマスメディアや高給官僚は、ここぞというところでは見事な働きぶりである。

 さてとそろそろ大本営発表が始まる時間か。どうやって国民をだましていくのか、見てみることにしよう。
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2009-04-04 19:51 | 日本ななめ切り
国民投票法
 最近は全く話題にのぼっていないけれど憲法改正の是非を問うため、2007年にすったもんだの議論がなされた末にようやく成立した「国民投票法が来年5月18日に施行される。あと1年あまりに迫っているが、そのことを一体どれだけの国民が現時点で知っているのか?

 現在北朝鮮ミサイル問題で、政府はせっせと国民の危機感を煽っている。これも来年の国民投票法施行への試金石だとみる。国民投票法施行が決まれば、あとは憲法改正を俎上にのせるだけでよい。

 ところで憲法改正の「改正」の意味をすこし突っ込んで考えてみたい。マスコミ報道の誘導のもと世間では憲法改正というと9条の戦争放棄についてクローズアップされる。しかし日本が9条をつぶして戦争のできる国になったとすると、どうしても基本的人権を永久の権利とした憲法11条に抵触してしまう。有事の時には著しく国民の人権が抑圧されるからだ。

 合衆国憲法は度々憲法を変えているが、それは「修正」でしかない。憲法の根幹理念は全く変えていない。もし、日本が憲法9条を変えると憲法の基本理念が変わることになる。これは「革命」なんだ。日本国憲法の二大理念はまさしく憲法9条の戦争放棄および軍隊をもたないということと基本的人権を永久の権利としたことだ。このふたつは人間にとって一番たいせつな「命」を取りもしないし取られもしないということ。そして自由に生きられるということなんだ。

 命と自由を失いたいのか?だれも失いたくはあるまい。それなら政府が憲法改正で攻めてきても、自分自身では腹が決められるはずだ。

 しかし、政府のプロパガンダはマスメディアを総動員して怒涛のごとく押し寄せ、権力者の都合のいいように国民を洗脳していこう。それに抗するためにはどうすればいいか。

 亡くなられた評論家の加藤周一さんが言っておられたよ。自由な時間がもてる学生と老人が連帯しなさい、と。すばらしい示唆を与えていただいたが、さてその方法論はどうすればいいか。それは加藤さんに訊くすべがないから、俺達が自分の頭で考えないといけない。
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2009-04-03 16:55 | 日本ななめ切り
森田健作 新千葉県知事誕生に想う
 30日、森田健作千葉県知事が誕生した。100万票以上の得票であった。自民党員であったが政党色をださず、無党派層の支持を得た。前回落選していから4年、1200回以上のミニ集会をこなしたという。すばらしい、の一言に尽きる。選挙中も精力的に動き回り、フレッシュさとダイナミックさを有権者にアピールする。小沢献金問題も影響していたといえるが、抜群の知名度をいかした元青春スターのまえに民主党をはじめとした野党に押された候補は費えた。

 翌日にはさっそく持論の東京アクアライン通行料金値下げを引っさげて、麻生総理に面会する。最近、むっつり顔が多くなった麻生総理だが、森田新知事に会うと満面笑みをたやさなかったのが印象的であった。交通料金値下げをするよう関係省庁にはたらきかけるとの言質をとって森田のはじけるような喜びようも印象的である。また森田氏の献金問題が一度記事になるが、いつのまにか消え去ろうとしている。小沢献金問題で観察側のリーク報道に明け暮れるさまとは対照的である。

 しかし森田新知事はどうして800円の料金を提案したのか。みんなが泣いて喜ぶであろう無料にとは言わなかったのだろう。森田氏の苦渋の選択だったのだろうか。

 官僚機構の天下り先には年間16兆3000億のカネが使われている。当然、道路公団にも大変なカネが流れ込んできている。高速道路を無料にしたら、自分達の収入がなくなる。しかしご時勢は民主党が高速道路無料をマニフェストに謳っており、無料に近づけないといけない。そこで出てきたのは800円という数字だんだろう。高速道路が無料ならばどれだけの経済効果があるかは、原則無料の国・スペインに住んでいるおれにはよくわかる。食料を買って食べる分にはかなり安い。たとえば食パン2斤で100円ほどだ。

 今の段階では森田氏が提案した料金800円が受けいられるかはわからない。しかしこんな金額でお茶を濁されてはいけない。一番の問題は、官僚機構の利益のために莫大な国民の税金が使われているということだ。これをムダと言わずとして何と言えばいいのか。官僚機構主導のお上政治からの脱却こそが、国民の最大の利益となることを肝に銘じて欲しい。

 800円なんかでお上に騙されてなるものか。無料にせい。
d0019375_22475570.jpg

[PR]