自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
bar_madridさんへの回答
  階級社会について誤解されやすい書き方をしてしまったが、おれがいいたいのは、社会の最底辺の人間でもそれなりの生活ができる安全弁が社会には必要だし最優先に解決しなくてはいけない事柄だということだよ。階級社会というのは社会の必要悪だ。俗に言う頭のいい人間はどんな社会状態になってもそれなりにぬきんでるもんだ。そんなやつらが特権階級を形成していく。これはどうしようもない人間の性だよ。でも何のとりえもないどうしようもないない人間と思われている人間でも一日8時間はたらけば、飯が食えるし家族も持つことができる。その生活を支える賃金が必要なんだ。そのためには経済的に社会からぬきんでることができた人間は稼いだ金を社会を支えるために補填することだ。これは成功した人間の徳の問題だ。

 一方では、社会の底辺の人間は不利尽な社会に公然と異議申し立てをしないといけない。これがかけていたら、社会は腐る一方だ。スペインで社会労働者党が政権についているのも、総選挙での大多数の労働者の一票・一票の積み重ねだ。

 急激な変革は社会混乱のもとだ。個人的にはそれのほうがおれはおもしろく人生をあゆめるとおもうけれど、平穏に生きたいというのが大多数の願いだ。小泉改革でみんなあたふたしているじゃないか。理想に重きをおくと現実がめちゃくちゃになる。現状の社会よりすこしでもましな社会、繰り返しになるがセイフティネットをしっかりと構築する、そこからすべてが始まる。そして実現したらもう一歩先に足をのばす。そうやって徐々に国民の権利拡大をひろげていったほうが社会の健全性が広がる。一気に階級社会をこわそうとして社会緊張・混乱がひろがるより、国民の理解も得やすいし、社会改革の早道のような気がするんだ。
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2007-10-24 01:08 | 日本ななめ切り
格差と貧困 2
 格差と貧困についていい足りないので付け足すことにする。常連のおれの読者のかたには事細かに書かなくてもわかると思うが、働いても働いてもアパート代も払えず、月々の決まった支払いもできないような賃金体系が間違っているということだ。グローバリゼイションというのは安い賃金をもとめて世界中を駆け巡ることになる。たとえば中国やインドの労働者と日本の労働者とでは月々にかかる生活費がまったく違うわけだから、日本の労働者の生活維持のためには経団連がいうような、生活保護者の支給額より少ない賃金というのはナンセンスなんだ。労働法が経営者の利益に有利になるように改悪されてからというもの、生活苦に陥っている国民が増えているのは想像にかたくない。

 お金の貯えのある団塊の世代を親に持つ20代、30代は派遣で働いていてもなんとかなるかもしれない。パラサイトができる若い世代はまだ、ましだろう。しかし子供を養う能力がない親も増えている。そんな親のもとに生まれたら、親をうらみ社会をねたんで生きている人間も多いんだろうな。でも恥も外聞も捨てれば日本にいる限り、飯を食うには困らないだろう。期限切れのゴミ箱に捨てられたコンビニ弁当でも残飯でも食べることができる。おれも若いときのパリ時代に仕事もカネもなくてごみ箱に捨ててあった食いかけのハンバーガーに手が伸びたことがあった。でも精神までは病んでいなかったと思う。ただ単にカネがないだけだ、と自分に言い聞かせていた。

 カネがないことと貧乏は違う。精神が腐っているか、いないかだ。将来に希望があるか、ないかだ。世間の現状はとても冷たいだろうけれど、せめて自分を見失わないように、な。

 コメント欄を再開した。苦しいことがあったらコメントしてくれ。できる限り、返事を書くから。

 喜多武司 拝
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2007-10-23 00:04 | 日本ななめ切り
格差と貧困
 遠く日本の世情をスペインから眺めていると、ネットカフェ難民としょうする新貧困層が増えている。正確な数はだれも把握していないし定義もまだ定まっていない。実質アパート等の住居がない非定住者ということであれば、その数は何万にもなる可能性がある。

 格差は自己責任の範疇にはいる。500万の年収が800万になる。大いに結構なことだし、がんばりがいもあるというものだ。しかし日本の生活水準で昼夜働いても200万にしかならないとしたらどうだろうか?まともにくらせるだろうか。これは個人の努力の限界をこえていないか。NHKスペシャルで格差問題を特集していたが、特に母子家庭のお母さんが子供を二人抱えて、朝から夕方まで働き、家に帰って家の用事をし、また違う仕事場で夜8時から夜中の2時まで働いても18万足らずの月収しか稼げず、いつ過労でたおれるかわからない状態を映し出していた。てめえが勝手に離婚なりして向かえた結末だ。しょうがねえじゃねいか、といえるかということだ。子供同士で、ほっておかれる子供も哀れだ。すくすく育つような環境にはない。

 個人的な話になるが今年の九月からオフィスをマドリッドで立ち上げた。二人の従業員がいる。パートタイマーで働いてもらうこともできたけれど生活の安定を考えて2ヶ月の試用期間のあと正社員として働いてもらうことになっている。もちろんボーナスも年2か月分の月収を払わなくてはいけないし、有給休暇も年に1ヶ月をあたえなければいけない。法令では週40時間働いてもらうことはできるけれど、私のオフィスでは35時間だ。金曜の午後から日曜日まで休みにした。一日7時間ほどの労働時間ということになる。家族との時間を大切にしてもらいたいと考えているからだ。

 パートでしか使ってもらえないと思っていたらしく、ふたりとも大喜びだ。みたところ士気はおおいにあがっているようにおもえる。あとは売上高があがり、オフィスを維持でき私の給料もでるようになれば万々歳だ。社会的弱者をないがしろにする昨今流行のアメリカ型グローバリゼイションとやらに微力ながら反抗してみたい。そんなことを考えている今日この頃だ。

2007年10月19日 喜多武司

 
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2007-10-19 19:49 | 日本ななめ切り