自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
嵐の前の静けさ
 与党である自民・公明二党で衆議院の三分の二の議席をとるということはどういうことなのかをこのところずっと考えていたのだが、作家・宮崎学氏がはっとさせられるヒントを与えてくれた。宮崎さんのことだから細かいことを言わないだろう。かれのブログから全文紹介する。これで目が覚めるやつが少しはでるといいのだが・・・。そしてこの現状の社会で個人として何ができるか、何をしなくてはいけないかは個人差はあるだろうが明確になった。

 憲法第58条2項 ~スターリン党への変貌~

 自民党、公明党が衆議院の議席3分の2を支配した。

 このことについて、メディアは思考停止を続けている。

 問題は、メディアが言うような「改憲の発議」とか「参院の議決の無効化」というナマッチョロイ話しではない。

第58条 両議院は、各々その議長その他の役員を選任する。

2 両議院は、各々その会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、又、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる。但し、議員を除名するには、出席議員の3分の2以上の多数による議決を必要とする。

 これが3分の2の議席占有の威力である。こうなるとどうなるか。

 つまり言えることは、自らに逆らうものは、実体的に殲滅するという「論理」の純化がはじまる。自民党内にとどまらず、その矛先は民主党の一部にも向かうであろう。そうするとである、議員が「職業」、つまり就職としてとらえているような意識水準の議員はひとたまりもなく寝返ることとなる。

 それでも抵抗する者には、難クセをつけて議員の首を切ればいいということになる。これは法的には何ら問題はない。

 こうして、平成型翼賛政治が完了する。そしてこの翼賛は、社会的にはそれぞれ内部に問題を抱える、警察、検察が下支えすることになる。

 まあ、ワシはこう見とる。

 こうなると「この国は捨てる」と宣言していたワシとしては、ザマー見ろという気分ではあるが、小泉ごときにシッポを巻いて逃げたとなると面白くない。日本に踏みとどまり、小泉との最終戦争をやってみたくなった。

 君子豹変である。

 この言葉の意味は、豹変してこそ君子であるということである。

2005/9/14
宮崎学

宮崎さんが警察に逮捕されたりするとおれも俄然やる気がでるんだがな。

2005年9月18日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2005-09-18 15:37 | 日本ななめ切り
小泉自民党大勝、か
 自民党一党で296議席だとさ。東京では自民党比例登録候補者が足りなくて社民党の保坂が繰り上げ当選になった。とんだ珍事がおこったものだ。小泉さん自身もこんなに自民党が勝つなんて思っていなかったんだろう。

 めだか症候群というのかな。ひとつの流れがあるとみんな同じ方向をむいて動いてしまう。自民党にこんなに議席をあげたらん何をしでかすかわからんぞ。へたすると憲法改悪に一気に民意をもっていって、憲法改悪に躊躇している公明党を言いくるめるかもしれん。

 ムードで投票する有権者が増えているということなんだろう。社会の閉塞感を吹き飛ばしてくれる人が小泉首相ということなんだろうか。本当はリストラされている君のように社会的弱者を増産しているのが小泉政権なんだということにどうして気づかないのだろう。

 日本の将来に暗いイメージしか持たないでおれは生きてきたが今度という今度は日本社会はとんでもない方向に舵を切ったな。もう後戻りはできないだろう。奈落のそこまで落ちてみんな痛い目に遇えばいい。今の日本社会の危険性に気づいた人間ははやいところ日本を脱出することも自分の人生を大切にするひとつの生き方だろう。

 また勝ち組といわれる君はせいぜい家族が誘拐犯から狙われる危険性を認識することだな。なぜなら小泉政権は強いものはより強く、弱いものはより弱くという弱肉強食社会を善しとしているからだ。虐げられた人間の恨みは恐ろしいものがあるぞ。

 9.11NYテロよりもおそろしい9月11日になってしまった。

2005年9月11日 喜多武司

 
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2005-09-12 06:06 | 日本ななめ切り
見沢知廉が、死んだ

 見沢 知廉
1959年(昭和34年)東京都文京区生。早稲田中学、早稲田高校から定時制高校を経て、中央大学法学部中途除籍。現在、慶応大学文学部に在籍。79年東京サミットで決起しなかった新左翼に失望し80年から新右翼に参加する。82年スパイ粛清事件などで逮捕、12年間の獄中生活を送る。94年10月獄中で書いた小説「天皇ごっこ」が第25回新日本文学賞を受賞 。


 革命家を目指した見沢 知廉はおれと同じ「シラケ世代」に属する。生真面目に革命を考えれば考えるほど、周囲との距離が離れていく。上記に掲げた略歴をみると有名中学・高校を経て、突如定時制高校に変わってしまうことにデラシネ(根無し草)的生活態度を垣間見させるし、大学中途除籍は、学生運動をがんばっていたんだろうな、と想像させる。そして大学に入りなおしているところをみるとつくづく生真面目な性格だなと感じさせるんだ。

 奇特な人間がひとり減った。朝日新聞によると自殺をしたということだが82年スパイ粛清事件でころした人間への懺悔の気持ちでも湧いたのだろうか。いままで著作では被害者への追悼の意は顕してこなかったからな。最近の著作は読んでいないが、かれの目からみた日本社会というのはどのように映るのだろうか。最近の彼の著作をよんだ読者がいたら感想を寄せてほしい。

 見沢知廉、あの世でも革命に邁進しろよ、合掌。

 2005年9月8日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2005-09-09 18:20 | 日本ななめ切り
ハリケーン・カトリーナ
 ハリケーン一過後のニューオリンズの無法地帯化をみると、これがブッシュ政権が推し進めているグローバリスムの成果なんだ。富裕層のアングロサクソン系住民は避難民になっていないじゃないか。圧倒的に黒人層が当局の非難勧告にもかかわらず、経済的困難さから逃げずにいたため、難民と化してしまった。

 また自然災害とてこれだけのハリケーンならば、どうみても日ごろからの環境破壊がもたらす経済活動が地球規模での環境破壊主要原因なのではないかと憶測する。とくに中国のネネルギー需要の増大が今回のハリケーンの強大化に間接的に関与しているのではないかと考えるのはおれだけだろうか。


 ハリケーンといった天災だからと思考停止せずに、今回のハリケーンのように人災的要素が多大に含まれているのではないのかという認識が必要だ。そう考えることによって自分のいままでの生き方に修正が加えられたらおれは良いとおもっている。


 ところで「カトリーナ」というハリケーンの名前、由来は何なのか、ご存知のかたがいたら教えてほしい。

 2005年9月3日 喜多武司
 
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2005-09-03 15:28 | 日本ななめ切り