自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:日本ななめ切り( 85 )
君が代不起立で教諭、6ヶ月の停職
 1999年、国旗国歌法案が国会でさいたくされたとき、野中官房長官は国旗国歌は強制いたしません、といっておられた。そんなのはウソだ、とその当時自HPでかみついた文章を掲載した。

 今回、東京で町田市立中教諭が懲戒免職につぐ停職6ヶ月をと都教委からいいわたされた。東京都では2003年10月から国歌斉唱時に教員は起立を義務づけられている。今まで不起立のために314人の教員が処分をうけている。なかには定年後の再雇用選考にごうかくしていた教員もふくまれる。停職6ヶ月の教諭は「覚悟はしていたがあまりに重い。次は免職かもしれないが教員生命をかけて強制に反対していきたい」とコメントした。

 為政者は楽に国民をまとめたい、とおもうのが常だ。とくに発展途上国では謙虚にあらわれる。国旗国歌のたぐいは国に都合がいいような人間をつくることを目的とする。長いものには巻かれろ。お上に逆らっちゃ痛い目にあうよ、というメッセージが一連の教員処分だ。そのあと、こざかしくうるさい教員がいなくなったら、生徒たちに矛先を向けてこよう。生徒たちのなかにも反骨の先生の姿を見て気骨があるものは、起立はしまい。しかしそんな生徒も月日が自然に処分してくれる。いつのまにか日の丸君が代が当たり前の社会的常識になっていく。

 まだ間に合うんだ。反骨先生が人生をなげうって闘っている間は、まだ間に合う。国家の強制には断固として反対しないと、取り返しのつかないことになる。先の戦争でいやなほど国民は犠牲をしいられたじゃないか。

 ことの本質が分かっているものは周りの人間にお上の強制がなぜいけないのか啓蒙しようじゃないか。発展途上国から真の先進国に脱皮しよう。国民あっての国なんだ。国あっての国民ではない。そのためには個を確立する事が何よりも大切だ。なぜなら世間の風潮にながされていては個々において充実した人生は送れないからだ。飽食やエステにばかりうつつをぬかしてるな。お上と闘う教師を守ることもしてこそ、飽食やエステも生きてくるんだ。

 世間の風は冷たいかもしれないが、世情に流される人生をおれは送りたくない。

2007年3月30日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2007-03-30 21:03 | 日本ななめ切り
加藤紘一氏実家放火事件
 小泉首相の靖国参拝批判を続けている自民党政治家・加藤紘一氏の実家が放火された。容疑者は右翼団体に所属している65歳になる男性だという。割腹自殺を図ったらしく腹にナイフの傷跡があるとのこと。今は病院で手当てを受けていて回復しだい取調べがはじまる。

 なんかだらしのない右翼だな。まだ割腹自殺ができていればおれも見方がちがうが、こうもだらしがないと右翼諸君に活をいれたくなる。

 それにしても加藤氏本人を狙わないで実家を放火するなんていう行為がいけ好かない。ご家族に何かがあったらどうするんだ。加藤氏の言動が気に食わないなら加藤氏本人を狙えばいいだろう。おそらくボディガードがいるだろうから狙いにくいのはわかるが。

 戦前の北一輝のように自分の思想を確立し世論に訴えるという右翼が今は少数派なんだろう。言論では勝てないからテロに走るというのではやくざの鉄砲玉とおなじだ。こんな輩がごろごろでてくれば社会不安が増大する。でもおれは増大したほうがいいとおもっている。少しは物事の本質を考えようとする人々が増えるとおもうからだ。

 とくに若者諸君には事の重大性を認識してもらいたい。言論の自由なんていうのは吹けば飛ぶような存在なんだ。それが脅かされるときは抵抗しなくちゃならないんだ。そうしないと、暴力の恐怖でますます悪い方向に世の中が流れていくぞ。

 識者や政治家は怖い風潮を危惧したコメントを発表しているが、それじゃ、どうするんだ、というところまで言わない。戦うしかないんだよ。自分は戦う気持ちでいても家族肉親に危害が及ぶ危険性があったら、どうするか。ここがその人間の真価が問われるところだ。そこで萎縮するか、それとも昂然と戦うか。

 今後の加藤氏の言動が見ものだ。口先だけか体をはれるかの分かれ目だからだ。そういえば小泉氏は夏休みだとかでこの件に関するコメントを発表していないが、極楽トンボもいい加減にしてもらいたい。

2006年8月18日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-08-19 06:18 | 日本ななめ切り
これからの日本の方向性
 靖国神社に首相が参拝すれば中国や韓国から非難の嵐が沸き起こる。けっして隣国との友好関係は持続できない。しかし政府はそれでよしとしているように見受けられる。たとえば中国と経済交流はアメリカを上回る規模だ。人的交流も活発化している。それに水をさすような首相の行動をどのようにかんがえればいいのか。

 靖国問題は教育基本法改悪や憲法改悪へ波及するもんだいだ。ここで改正ではなくて改悪ということばを使う訳は政府にとっては改正だが、一般国民にとっては改悪だ、と言う意味だ。

 戦後教育基本法の精神を政府はないがしろにしてきた。物言わぬ民を造るためだ。一億総痴呆化政策ということもいえよう。なんでこんなつまんないこと勉強しなくてはならないんだ?と学校時代におもったことは無いか?ほとんどのひとが思ったんじゃないのか。そう、勉強の意義を教えずに詰め込み教育をすることによって思考停止にしてブロイラーのごとく経済生産性をあげさせるのに都合がいい人間をつくるための教育を戦後日本はしたんだ。

 学校教育の意義は広く浅く学んで来るべき社会人になってより深く勉強しようと思ったときの基礎を学ぶことなんだ。けっして一流大学・一流会社にはいるためのものではない。だから学校時代にたとえば歴史を勉強したい、と決めれば、それに熱中すればいい。参考文献なんかを読むこともあろう。そのときに分からない漢字がでてきたら、辞書で調べればいい。それこそが本当の勉強というものだろう。なにも腹が決まった学生は他の勉強なんかすることないよ。実社会では小学校4年程度の学力があれば十分生きていける。そしてそうした学生時代をおくった人々の生き様が多様化した社会を創っていく。それが社会の新たな原動力になっていくんだ。そしてこのような学校教育こそが教育基本法の精神だ。

 しかしそんな教育を受けていない現在の民の生活はどうだ。物心ともに快適な生活が送れていいはずなのに大多数の国民は時間におわれ、一家団欒のひと時もおくれないじゃないか。なんのために家族があるんだ。ましてや小泉政権誕生いらい、格差社会が拡がっている。フリーターと正社員の賃金格差は拡がる一方だ。存在意義さえ危ぶまれる階層が国民のあいだにできつつある。このまま行くと将来、徴兵の前段階としての志願制ができたとき、好待遇に魅了されてこの階層から軍隊に入っていくことになる。

 行き着くところまで行かないとほとんどの人々が国の将来が分からないとみえる。どんと日本経済が落ち込んで悲劇をみんなで共有しないと大多数の国民にとって本当に有益な新しい社会が出来ないのかもしれないな。まあヨーロッパは悲劇の共有があるからこそ、民主主義が大多数の国民に享受できているんだが・・・

2006年8月14日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-08-14 00:57 | 日本ななめ切り
靖国神社問題
 8月15日に小泉首相が靖国神社を参拝することが確実視されているようだ。毎年小泉首相は参拝しているが、いついっても中国や韓国から非難の嵐につつまれるなら、彼の性格ならば公約通り15日に参拝を強行するだろうとおれもおもう。

 しかしなぜ首相が靖国に参拝すると中国や韓国が非難するのか。そこのところを分からない国民がおおいのではないか。まあ、おれのブログをみていてくれる読者には、そのくらいのことは分かっているとおもうけれど。

 国民の大方が「忘却史観」に肩入れしているようにおもえる。すこし歴史をおさらいしておこう。

1867年 戊辰戦争
1869年 東京招魂社創建
1879年 靖国神社に改名
1945年 連合国軍による神道指令発令(12月15日)
1946年 宗教法人化(2月2日)
1951年 吉田茂 参拝
1959年 BC戦犯合祀
1975年 昭和天皇、最後の参拝
1978年 A級戦犯合祀
1985年 中曽根首相 公式参拝(8月15日)
2006年 小泉首相 公式参拝(8月15日)?

 19世紀と言えば国民国家ができあがる時期だ。幕藩体制にかわる国民国家を創るうえでどうしても国民統合の象徴が必要で、京都においでであった天皇を国家元首として祀り上げる。たしか江戸時代までは真言宗の檀家であった天皇家の宗教を維新政府は幼少明治天皇にやめさせて神道を日本国民の義務的宗教に祀り上げるようになる。そして戊辰戦争で官軍側で戦死した国民を日本国のために死んだ神として東京招魂社に祀ることとなる。したがって維新政府・天皇に反逆し西南戦争で死んだ西郷隆盛は靖国に祀られていない。

 時代はさかのぼって1945年の連合国軍による神道指令発令は重要だ。時の権力者GHQは靖国問題を穏便に解決しようとして、靖国解体ということは思いとどまる。一宗教法人としてとどまるか無宗教の公共施設になるかの二者択一を靖国神社はGHQから迫られる。そして翌1946年2月2日に延命策のために一宗教法人となる。つまり宗教性と公共性を併せ持った靖国ではGHQは許さんということだ。違う角度からいうと信教の自由と政教分離をGHQは靖国神社に強要した。敗戦という事実をわきまえれば道理ということがいえる。

 日中戦争では日本は310万の死者を出している。遺族の方の思いは無念というほかない。せめて靖国に神として祀られなければ立つ瀬がないというものだろう。その気持ちもよく分かる。でも大日本帝国がアジアの地・中国で引き起こした戦争のために犠牲になったひとびとはそれを上回る1000万人以上なんだ。あちらの遺族の気持ちも慮ってほしい。

 この問題の「落としどころ」として天皇と国民を免罪するかわりにA級戦犯といわれる人が絞首刑になった。天皇制と日本国民を守るための生贄にA級戦犯がなった。この歴史的事実はしっかりとおれたちの胸に刻み込まないといけない。
 
 つまりA級戦犯に罪をなすりつけたのに現日本国首相がその人々を祀っている靖国神社に参拝することは、中国政府からすれば自国民を説得できない。またぞろ日本帝国主義が復活するのではないかと危惧するのはもっともなことだ。だから首相参拝には反対するんだ。

 靖国問題は参拝賛成派、反対派のなかでも四分五裂している状況だ。もし小泉さんが15日に参拝するならば、日本国民にとってすばらしい問題提起をすることとなり、日ごろ忙しさにかまけている一般国民にも少しは物を考える時間をあたえることになろう。

 いずれにしても過去の歴史をよく吟味しこれからの日本はどういう方向にいけばいいのかということと靖国問題は密接に結びついている。

2006年8月13日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-08-14 00:17 | 日本ななめ切り
靖国合祀
 このところA級戦犯が靖国神社に合祀されていらい昭和天皇は靖国参拝していないが、そのメモが発表されたり、、A級戦犯にされた元首相 広田弘毅の孫が靖国合祀に同意した覚えはないというA級戦犯遺族のなかで異例の発言をしたりというのがマスコミで賑わいをみせている。

 要するに勇退する小泉首相が公約である8月15日参拝をなんとしても阻止しようという政治的な判断なんだろう。首相になるまえは靖国参拝なんかすこしも気にかけたことのない小泉氏がにわか靖国信者になり参拝をくりかえして、ご存知のように中国・韓国との関係が悪化した。一度として小泉首相は中国首脳と会談ができないでいる。

 日中国交回復のときに、大日本帝国の中国侵略にいためつけられた中国人民を納得させるために時の中国首相であった周恩来は日本軍国主義が悪いのであって日本人民はわるくないと発言した。そうして日本軍国主義のために被害を受けたであろう肉親をもつ中国人民を説き伏せたんだ。

 つまり日本人民が選んだ政府が軍人たちを押さえらせずに中国侵略を許した。時の権力者たちが一番悪いんだろう。そこで一般日本国民は免責されたわけだ。日本国民ひとり一人にだって戦争責任はあるんだ。そこのところをしっかりと自覚しないといけない。一般日本人にまで戦争責任の範囲をひろげると収拾がつかなくなるので、前述の周恩来首相の発言があるわけだ。紳士協定で、すくなくとも閣僚級の人間は靖国参拝をしないとして暗黙の了解があったわけだ。それでも歴代首相のなかでも私的参拝だからいいだろうといわんばかりに参拝が続いていた。

 中国政府の日本人にたいする寛大さに甘えているのが日本人おれたち一人一人なんじゃないか。首相が参拝して何が悪いなんていう空気をみて、中国人民はどうおもうか。すこし相手の気持ちになればわかることじゃないか。A級戦犯は日本人と中国人やアジアの人々の落としどころとなったのが、歴史を調べればわかる。盧溝橋事件以後中国に戦線が拡大していったときの首相・広田弘毅は戦線拡大を阻止できなかったばかりに文官で唯一A級戦犯にされ絞首刑になった。中国人民説得へのスケープゴード、いけにえなんだ。まあ東京裁判自体におれは異議があるが、また別の機会にそのことは書こうとおもう。

 アジアとりわけ中国との関係修復が急務と権力内部で判断したんだろう。そうでなければ、マスコミに大々的に今回のような報道がされるわけがない。

2006年7月27日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-07-27 08:34 | 日本ななめ切り
Rub me tender
 訪米中の小泉首相が記者会見で記者団から大笑いされていた。もちろんエルビス=プレスリーの曲「LOVE ME TENDER」のつもりで言ったんだろう。でも日本人にはむずかしい発音「L」と「R」の区別をつけて発音できないために「RUB ME TENDER」にも聞こえるんだ。どんな意味かって?「私のナニをやさしくこすって」ちょうだいという意味だ。まあおれも小泉氏の発音をけなすほどLとRの区別をつけて発音ができないけれどね。小泉氏本人はプレスリー好きが記者団に分かってもらえてご満悦の顔をしておられた。しかし一国の首相は国の顔だ。国際社会では日本国の気品が相当おちたはずだ。

 ブッシュ政権は議会で小泉首相のスピーチを目論んでいたようだが、首相の靖国神社参拝問題で外交委員長からクレームがでて、日本人宰相初のスピーチはつぶされてしまった。議会でスピーチすることはたいへんな名誉なことらしい。いかに靖国問題が国際社会では重要な問題かが再確認された格好だ。

 勇退の花道のために設けられたような日米首脳会談であった。日本同様米国でも国内外で重要な問題が山積されているというのにプレスリーの生家訪問なんてしている場合か。脳天気なブッシュ・小泉両氏である。それに輪をかけてアホな報道をした日本の報道陣の有様をみるとつくづく大衆迎合主義的インテリを象徴しているな。みんな自分の利益にさえなればそれでよし、ということなんだろう。

 いったい日本はどこへ向かおうとしているのか。権力機構を牛耳る政官財およびマスメディアの中で、大局で物事を考える人間が輩出される社会システムにしないと日本沈没は長い目でみれば間違いないところだ。しかし教育基本法を改悪しようという輩ばかりが権力機構に巣食っている。教育基本法が悪いから子供らがおかしくなるという論法のようだが、俺に言わせれば教育基本法を権力者たちが戦後骨抜きにしてきたから今日の日本社会の惨状があるんだ。本を読んで、文章を書き、発表しみんなで自分の頭を使って議論をする。このことを子供のときからしていれば、おかしな社会になんかならないよ。子供の多様性を認めた教育をすることが末代までの社会の安定につながるということが社会の常識になる日が日本にはこないのだろうか。

2006年7月3日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-07-03 17:51 | 日本ななめ切り
共謀罪に反対する
 来週にも共謀罪が自民・公明の多数で衆議院を通過する。ほんまかいな。権力に楯突くやつはつぎからつぎへとしょっ引いてしまえという趣旨の法案だ。あのやろう、気にくわねえ奴だ、殺してやれ、とおもっただけで、警察に垂れ込まれれば罪になると言う。人の心の中にまで土足で入り込んでくる法律ってなんなんだ?なに?自民・公明の共謀罪もそこまでは描いていないって?アホくさ、とりあえず痛くも痒くもないようにして法案を通すことは権力者の常套手段じゃないか。1999年に制定された国旗国歌法をみろ。強制はしないと政府は何度も繰り返した。が今では公立高校で100%国旗国歌が強制されている。それに反対する教師は再教育の名のもとで窓際に追いやられる。うるさいやつは徹底的にいじめて黙らす。

 みんな自分がかわいいからな。そんな気骨のある同僚に対して半分は後ろ目たいが沈黙をする。沈黙するってお上のすることに賛成だという意思表示だ。反対ならば反対と声を上げなくてはならぬ。声をあげると言うことがどれだけ大事か、この日本の100年の歴史を見ただけでもよくわかる。いつでもおれたち国民は沈黙をしてきた。沈黙に沈黙を重ねた結果が精神の荒廃だらけの社会にしてしまったんじゃないのか。誰が悪いんじゃない、おれたち一人一人が黙っていたから住みづらい社会になってしまったんだ。

 それに追い討ちをかける共謀罪が制定されたら、だれも信じることができない社会が実現してしまう。分割して統治せよ。政府与党と後ろから後押しする高級官僚の思う壺なんだ。共謀罪の次には教育基本法改悪、そして憲法改悪のシナリオがはっきり見える。そして再軍備を堂々として徴兵制を復活させ、アメリカの言いなりで世界の紛争地に自衛隊は出て行くんだろう。そのときは国防軍とでも名前がかわっていよう。

 そんな世のなかにしていいのか、みんな!結局言論でしか巨大権力に立ち向かうことができないが、負け戦になろうとも声を上げねばならない。人間であることを辞めますか、と権力に問われていることと同じだからだ。

2006年5月21日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-05-21 23:53 | 日本ななめ切り
フランス 新雇用制度問題
 先日は移民の雇用問題で大騒ぎになり、今回は若者の雇用問題でフランス社会に緊張が高まっている。おれは若いときに3年ほどパリに住んでいたのだが、この国のすばらしいところは国民が政府の不当な行為について黙っていないということだ。喜怒哀楽がはっきりしている。それに民主主義というものが国民の血肉になっている。複数のフランスの友人から次のように言われたことがある「あんたのいうことにこれっぽちも賛成できないけれど、発言する権利はみとめるよ」


 若者の雇用問題の核心は、一回雇ったら仕事が出来ないなんてことでクビになんかにするなよ、ということだ。政府要人のように仕事の出来るやつにはなんとも歯がゆいことだ。もっと競争原理を導入して国全体の経済活性化をしようということなんだろう。

 でもな、一生懸命しても能率よく仕事をこなせないやつは社会にいるんだよ。そんな人間だって生活しなきゃならないんだ。仕事のできないやつのことを頭が悪いだのアホだの言う前に、頭がいい君が、頭が良いんだから社会的弱者に寛大な気持ちで当たれないのかな。

 今日小学生をマンションから突き落とした男が自首しただろう。想像するしかないがこの男は社会的弱者で、社会からいじめられむしゃくしゃして、より弱いものを見つけて社会に復讐しようとしたんじゃないのか。子供を殺すなんて最低の男だ。個人の心情としておれはこんなやつは生かしておけない。

 でも社会的弱者に社会が寛大であったならば、こんな男は出現しなかったかもしれない。この男を殺したところで殺された子供は戻ってはこない。この悲劇を繰り返さないためにも、社会は弱者に寛容なものであるべきなんだ。そしてまさに今フランス社会がもめているのは強者の論理で社会を運営するのか、弱者に寛容な社会の実現か、の相反する二つの価値観のぶつかり合いなんだ。

2006年4月1日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-04-01 15:58 | 日本ななめ切り
民主党の偽メール事件
 春もたけなわになってきた。マドリッドにも急速に春がひろがっている。その一つがアーモンドの木の開花だ。一見桜の花をおもわせるような可憐な花だ。花の形状も似ている。

 さて民主党の偽メール事件なんかとんとお話にならない顛末となってしまった。俺みたいな素人が考えてもしっかりと裏をとってから、これはいけると踏んで追求するものだとおもうが、民主党の永田議員はどうして裏も取らずに国会で追求をしてしまったのだろうか。

 4点セットと呼ばれる小泉自民党を追い詰めるべく好材料を手放す結果となってしまった。民主党の若手議員は学校秀才の典型ではないのか。世間にもまれるという経験が極度にすくない偏差値重視の血統の良いサラブレットのようにみえる。松下政経塾出身が民主党や自民党で比重を占めているようだが、将来の指導者が松下政経塾からでるようなことになるとなんともはや心もとない。

 自民党も前原執行部を追い詰めないところをみると旧社会党との55年体制を再現したいのかもしれない。民主党には万年野党でいてほしいという願望だ。それが自民党延命策の基本のようだ。まさかそこまでの頭はないとはおもうが、永田議員、うらで自民党執行部とつるんでいるなんてことはないだろうな。4点セットで自民党が窮地に追い込まれることを避けたくて、自民党が手なづけた民主党とのパイプが太いブラックジャーナリストに民主党議員に怪文書を流させた。永田議員のような正義感あふれる議員が食いつくのも時間の問題となる。何しろ政界は魑魅魍魎(ちみもうりょう)なせかいだから何ともいえない。

 まあ、今回の偽メール事件はお粗末のひとことだろう。結果としては小泉自民党はで4点セットを追及されることなく難なく国会をこなしたというわけか。そしてそのことになんら意思表示するわけでもなく傍観している一般国民。生命力を少しも感じない国民にみんないつの間にかなってしまったんだな。生きる力がなくても死ぬまでそれなりに生きていければいいのかもしれないがそうは問屋は卸さないよ。人口の1%にも満たない権力層は自分たちの生き残りのために常に国民を犠牲にしてきたんだから。

2006年3月18日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-03-18 19:23 | 日本ななめ切り
耐震強度偽装問題
 やっと耐震強度偽装問題も山場を迎えたようで、建築基準法の強化へと世間では話が進んでいるようだ。しかしどうも腑に落ちないことがある。そもそも1.0だとか0.5だとかいう耐震強度なんだが、そんなに信頼できるものなのだろうか。いったいだれがどんな根拠できめたことなのか。どうせ国土交通省の官僚がきめたことなんだろうが、どんな計算のもと決めたのかさだかではない。1981年以前の建築基準法では耐震強度の取り決め事体がない。

 耐震強度1,0以下の家に住んでいる人はごまんといるだろう。もし数値が正しいとしたら、その人たちの大地震の時の身の安全はどうするつもりなのか。どうも官僚の権限拡大のために建築基準法が良いように利用されている。ザル法である建築基準法なんていう人定法があるのも日本だけじゃないか?ヨーロッパでは聞いたことがない。

 姉歯建築士の場合は施工主の言いなりになったようだが、本来建築士というのは矜持をもった職人の世界だったはずだ。それがいつのまにか施工主の犬に成り下がっている。一級建築士が30万人もいれば不況時にはあぶれる建築士もいるんだろうな。一級建築士になるためには大学をでてから10年ぐらい平均でかかるという。その間、学科のほかに設計事務所で実務を勉強する必要もある。

 建物というのは設計図どおり100%造れないという。どうしても微妙な素材の違いが設計図で想定していたものと違う。そこをわきまえて施工主に進言するのが建築士の役目だ。それが建築基準法の強化で建築士の裁量が狭められている。

 ちなみに世間の誤解を解いておこう。耐震強度1.0の建物と0.5のものとでは大地震がきたときに0.5のたてものが無傷で1.0のものが倒壊する可能性だってあると耐震構造に詳しい学者先生がおっしゃっていた。そのくらい大地震と建築物の因果関係はよく分かっていないらしい。大地震が起きてみないと分からないということだ。こんなことはお上に牛耳られているマスコミでは絶対に公表されないけれどね。

2006年2月14日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-02-14 18:42 | 日本ななめ切り