自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2009年 04月 05日 ( 1 )
北朝鮮 人工衛星発射
 相手の国の発表にならい、ここでははっきりしないが人工衛星ということにする。人間関係でも同じだが、相手の考えを尊重するところから、友好関係が構築されると思うからだ。こんなことを書くと、北朝鮮の肩をもちやがってとおもう輩もいるとおもうが、国と国がケンカ状態というのは、両国民にいつでも災難が降りかかり、人間が生きていくための衣食住の確保さえママならず、ついには命を落とす国民も出てくるのは歴史が示す通り。

 北朝鮮と敵対する日本政府はさっそく対北朝鮮経済制裁の1年延長を決めた。この制裁でどれだけの北朝鮮の国民に打撃を受けるか、は疑問だ。それよりも北朝鮮国民は、日本はなんてひどい国なんだ、植民地時代と少しも変わっていないとおもい、国民の団結強固につながっていく。体制を強化するだけだ。組織・体制というのは外敵には強いんだよ。内部崩壊にいちばん弱い。日本政府が本気で北朝鮮の脅威を取り除きたいのなら相手に塩を与えることだ。そして日本の良さをこれでもか、これでもかというぐらい北朝鮮人民に示すだけでいい。時間はかかるだろうが内部崩壊し強権政治が終わりを告げ、人々の命を奪われることなく、いつの日か両国政府の和解の日が訪れよう。

 そうなれば、北朝鮮の人工衛星打上げも、日本国民も素直な気持ちで受け入れられよう。アメリカのスペースシャトルの打上げのように。

 人間関係でもそうだが、お互いの信頼関係の醸成が危機意識をなくし、友好の架け橋になる。そして一番たいせつなことは両国民の命が奪われないですむ、ということだ。

 おっと大本営NHKが「日曜討論」なる日本政府見解に近い5人の識者を集めて、枝葉末節な討論を始めた。戦国時代の上杉謙信が敵の武田信玄に塩を与えた故事を思い起こしたい。
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2009-04-05 17:07 | 日本ななめ切り