自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2006年 03月 18日 ( 1 )
民主党の偽メール事件
 春もたけなわになってきた。マドリッドにも急速に春がひろがっている。その一つがアーモンドの木の開花だ。一見桜の花をおもわせるような可憐な花だ。花の形状も似ている。

 さて民主党の偽メール事件なんかとんとお話にならない顛末となってしまった。俺みたいな素人が考えてもしっかりと裏をとってから、これはいけると踏んで追求するものだとおもうが、民主党の永田議員はどうして裏も取らずに国会で追求をしてしまったのだろうか。

 4点セットと呼ばれる小泉自民党を追い詰めるべく好材料を手放す結果となってしまった。民主党の若手議員は学校秀才の典型ではないのか。世間にもまれるという経験が極度にすくない偏差値重視の血統の良いサラブレットのようにみえる。松下政経塾出身が民主党や自民党で比重を占めているようだが、将来の指導者が松下政経塾からでるようなことになるとなんともはや心もとない。

 自民党も前原執行部を追い詰めないところをみると旧社会党との55年体制を再現したいのかもしれない。民主党には万年野党でいてほしいという願望だ。それが自民党延命策の基本のようだ。まさかそこまでの頭はないとはおもうが、永田議員、うらで自民党執行部とつるんでいるなんてことはないだろうな。4点セットで自民党が窮地に追い込まれることを避けたくて、自民党が手なづけた民主党とのパイプが太いブラックジャーナリストに民主党議員に怪文書を流させた。永田議員のような正義感あふれる議員が食いつくのも時間の問題となる。何しろ政界は魑魅魍魎(ちみもうりょう)なせかいだから何ともいえない。

 まあ、今回の偽メール事件はお粗末のひとことだろう。結果としては小泉自民党はで4点セットを追及されることなく難なく国会をこなしたというわけか。そしてそのことになんら意思表示するわけでもなく傍観している一般国民。生命力を少しも感じない国民にみんないつの間にかなってしまったんだな。生きる力がなくても死ぬまでそれなりに生きていければいいのかもしれないがそうは問屋は卸さないよ。人口の1%にも満たない権力層は自分たちの生き残りのために常に国民を犠牲にしてきたんだから。

2006年3月18日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-03-18 19:23 | 日本ななめ切り