自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2005年 09月 18日 ( 1 )
嵐の前の静けさ
 与党である自民・公明二党で衆議院の三分の二の議席をとるということはどういうことなのかをこのところずっと考えていたのだが、作家・宮崎学氏がはっとさせられるヒントを与えてくれた。宮崎さんのことだから細かいことを言わないだろう。かれのブログから全文紹介する。これで目が覚めるやつが少しはでるといいのだが・・・。そしてこの現状の社会で個人として何ができるか、何をしなくてはいけないかは個人差はあるだろうが明確になった。

 憲法第58条2項 ~スターリン党への変貌~

 自民党、公明党が衆議院の議席3分の2を支配した。

 このことについて、メディアは思考停止を続けている。

 問題は、メディアが言うような「改憲の発議」とか「参院の議決の無効化」というナマッチョロイ話しではない。

第58条 両議院は、各々その議長その他の役員を選任する。

2 両議院は、各々その会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、又、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる。但し、議員を除名するには、出席議員の3分の2以上の多数による議決を必要とする。

 これが3分の2の議席占有の威力である。こうなるとどうなるか。

 つまり言えることは、自らに逆らうものは、実体的に殲滅するという「論理」の純化がはじまる。自民党内にとどまらず、その矛先は民主党の一部にも向かうであろう。そうするとである、議員が「職業」、つまり就職としてとらえているような意識水準の議員はひとたまりもなく寝返ることとなる。

 それでも抵抗する者には、難クセをつけて議員の首を切ればいいということになる。これは法的には何ら問題はない。

 こうして、平成型翼賛政治が完了する。そしてこの翼賛は、社会的にはそれぞれ内部に問題を抱える、警察、検察が下支えすることになる。

 まあ、ワシはこう見とる。

 こうなると「この国は捨てる」と宣言していたワシとしては、ザマー見ろという気分ではあるが、小泉ごときにシッポを巻いて逃げたとなると面白くない。日本に踏みとどまり、小泉との最終戦争をやってみたくなった。

 君子豹変である。

 この言葉の意味は、豹変してこそ君子であるということである。

2005/9/14
宮崎学

宮崎さんが警察に逮捕されたりするとおれも俄然やる気がでるんだがな。

2005年9月18日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2005-09-18 15:37 | 日本ななめ切り