自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2005年 06月 25日 ( 1 )
おいおい42度かよ
 暑い日が続いている。先日も42度まで気温があがった。今日は少しはましなようだ。6月で40度を超える日が続くとはこれは異常なことだ。例年だと7月・8月初旬の気温が6月に到来している。エアコンを買わないようにしてきたが、これでは家の中にいてもゆでだこになってしまう。今年はこのままでいくとエアコンを買わないといけないかもしれない。

 中国やインドでのエネルギー消費の増大がとおくスペインの気候をおかしくしている。実感として毎年毎年気候がおかしくなっている。今年はとんと雨が降らない。ただでさえ乾燥している国なのに雨がふらなければ、砂漠にならなくてはなるまい。いまのところピレネー山脈やシエラネバダ山脈といった3000メートル級の山々から発する伏流水が中央のメセタ地方に流れ込んでいるので、地下水をくみ上げて小麦など農産物にまいていられるからいいようなものだけれど。

 持続可能な経済成長をしないと環境破壊が進んで人類にとって大変なことになることはみんなうすうす感づいていることだが、個人としていざ何ができるかというと何もできない、というのが実情だ。しかし俺たち人類というのは地球全体からみると環境破壊者であり、破壊をするということが他の生物に悪影響を及ぼすならば、これはれっきとした犯罪者であるということだ。直接人類には裁く制度がないために、解決手段は人類の良心にゆだねられているわけだが、心の片隅に俺たちは犯罪者なんだという負い目を常にもっていたいとおもう。個人的にエアコン買う・買わないなんていうのは微々たる問題だが、おれのこんな負い目からきている発想なんだ。

 2005年6月25日 喜多武司
[PR]