自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
母子家庭の高3 生活苦で40%進学断念
 おれはぐうたら親父とケンカをして家をとびだし15の時から自活をしてきた。昼間高校・夜アルバイト、そして日本育英会から特別奨学金・月4000円をもらって生き延びてきた。アルバイト代は月15000円ほど。四畳半一間7000円の家賃や月謝4000円、光熱費を払うとほとんど残らない。いつも腹をすかしていた。高校の友達たちの親御さんには飯を食べさせてもらったり、ビールを飲ませていただいたり大変お世話になった。なんの恩返しもできずにいる自分に腹がたってしかたがない。

 子は親を選べない。この国の支配層は子供は社会の宝だという意識が気薄なのだろう。いつまで経っても経済的に苦しい家庭の子は恵まれない。家庭さえ良ければ漢字もろくすっぽ読めない人間でも総理大臣になれる。あまりにも矛盾していないか。

 しかし、家庭に恵まれない諸君に言っておくが、これも「私の大学」(ゴーリキー)だと思っていただきたい。進学だけが勉強じゃない。社会の物事の本質をどんどんと勉強していただきたい。そして社会にむけて怒りをあらわしてほしい。虐げられた者の怒りはきっと社会の隅々まで浸透していく。なぜなら実体験を踏まえた真実を含んでいるからだ。そして知識武装した虐げられたものたちのネットワークが社会を大きく変えていくんだ。
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2009-04-18 17:00 | 日本ななめ切り