自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
簡保の宿 不正売却疑惑問題に想う
 久しぶりのマスメディアで簡保の宿 問題が取り上げられていた。89億円の資産価値が148億円に総務省によって査定し直されたようだ。でもいままで土地代・初期建築物代(改修費は含まず)に2400億円を投じてきた物件が、どのように計算すると148億円になるのか。たとえば自分の土地評価額が2400万円として、だれが148万円で売ろうとおもうだろうか。

 日本郵政の株は100%を政府が持っている。つまり国民の財産のわけだ。国民の財産を不当に安い価格で民間に売るということになる。これがコイズミ竹中政権の郵政民営化の一面だ。ましてや簡保の宿疑惑が発覚する前には日本郵政は島根と鹿児島で1万円で簡保の宿が民間に払い下げ、のちに6000万円で転売されるという事件もおこった。これはまさしく日本郵政の背任行為で刑事罰に値する事件にもかかわらず、マスメディアは追求しようともしない。今回の簡保の宿売却疑惑事件もうやむやにしようとする陰の巨大な勢力の存在が透けて見え隠れする。

 少し前に麻生総理が郵政民営化の凍結の話を持ち出したら、とたんに麻生降ろしの旋風が自民党内を駆け巡り、コイズミ元首相の怒るというより笑っちゃう発言が飛び出す。しかしこのとき麻生総理が郵政民営化の凍結の話をしないという代わりにコイズミ元首相も今後政局の話は一切しないということで話がまとまる。

 簡保の宿問題も大きな問題だが、それよりも大きな問題がある。巨大な郵貯銀行の350兆円と言われるカネの行方だ。これはアメリカとコイズミとの間で話がまとまっていて、外資が乗り込んでくるのは想定済みだ。つまり350兆円は日本郵政の株が売り出されると外国人が株を取得し350兆を自由に使える権利を行使できるということだ。

 国民がこつこつと貯めてきたお金が外国人の意のままになる、売国行為といわなくてなんといえばいいのか。おれはコイズミ内閣誕生から一貫して批判をしてきた。郵政解散で自民党が大勝したときには、日本の未来はなくなったと思った。現に派遣労働全面解禁やや社会保障費削減で国民のかなりの方々が痛い目にあっている。

 うすうす小泉内閣の欺瞞性が国民の前にもはっきりしてきたのだろう。ざきの参院選では民主党が勝った。そして今年9月までには衆議院選挙がある。後世から見れば天下分け目の決戦になるだろうな。
郵政問題一つとっても、自民党政権が続くことになれば、ますます日本社会の活力は衰退していこう。そしてそのとき一番苦しむのは、権力とは程遠い一般国民なんだ。
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2009-04-08 00:05 | 日本ななめ切り