自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
六カ国協議
 北朝鮮の人工衛星問題で大本営発狂、いや発表が続いている。

 ところでなんとか六カ国協議で北朝鮮に合意させようと、しているわけだが、そもそも六カ国協議とはなんなのか、をご存知の国民は日本ではどのくらいの割合なのだろうか。六カ国協議というのは1953年に起こった朝鮮戦争の当事者であり、いまだ北朝鮮とアメリカが休戦状態で戦争が終結していない。それで戦争を終わらせ、両国が講和条約を結ぶことを目的として始まったものだ。日本にとっては拉致問題は重要事項だが、本来の解決目的ではない。

 そこで問題になるのは北朝鮮の核保有の事実だ。北朝鮮に核を廃棄させ、韓半島を非核化する。日本ももちろん非核地帯にする。ということはアメリカの原子力空母の寄港も許さない。そうすることによって中国・ロシア・アメリカの核軍縮をせまる。北東アジアでのアメリカの軍事プレゼンスは必要なくなる。そうすると軍需産業で儲けているアメリカや日本の支配層は打撃を受けることになる。だからこそ財界傀儡の自民党は危機を煽り立てて、日米安保の見直しも軍需産業も困らないように持って行こうとするのが今回の人工衛星問題をクローズアップする本質である。

 本当に東北アジアの平和を願うならば、日本の支配層がしなくてはならないことは明白だろう。まずはアメリカとの日米安保の見直しだ。少なくとも原子力を積んでいるようなものは日本には存在しないという信頼を北朝鮮が感じたら、アメリカとの講和条約の話にも乗ってこよう。しかし現実は正反対だ。それに外交があまりにもおそまつだ。これも外交問題は金魚の糞みたいにアメリカにおんぶに抱っこの戦後64年のアカがたまりにたまっている。

 日本には憲法9条がある。これこそが軍事が絡む外交交渉でどれだけの威力を発揮できるか。日本人が考えている以上の成果を得られよう。まずは日米安保の見直しだ。それこそが、北朝鮮を六カ国協議に引っ張り出し、問題解決への道しるべになるということだ。自民党はできっこないよな。民主党もまた・・・
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2009-04-07 00:48 | 日本ななめ切り