自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政治資金規制法の精神
 25日、NHKはトップニュースで小沢民主党代表の公設第一秘書の大久保被告が、献金元は西松建設であることを知っていたと供述した、と報道した。国民の大方は、ほら、見たことか、と思ったんだろうな。でもね、西松建設からの献金だ、と知っていたからといって、罪にはならないんだよ、現行の政治資金規正法では。

 罪になるとすれば、西松建設と関係のある政治団体が活動履歴がなく全くのダミー政治団体の場合だ。過去に活動履歴がないことを知っていたと大久保被告がみとめれば、大久保被告は罪をまぬがれない。それでも最終的には形式犯だから罰金刑だ。まあ、もっと身近なたとえをすれば、ちょっとスピード出しすぎて警察につかまり交通違反で罰金を払うようなものだ。

 政治資金規正法の精神というのは、政治家はお金を集めていいですよ、しかし、ちゃんとガラス張りにしてくださいね、ということでしかないんだ。これは今回の政治資金規正法違反問題を考える上でしっかりと抑えておかなくちゃいけない。

 NHKの検察担当記者はこんなことはわかっているとおもうよ。もしわかってないなら、はやいところジャーナリストをやめなさい。そんなやつらに政府の庇護の下、電波をのっとられているかと思うとむかっ腹がたってくる。

 問題は検察番記者が政治資金規正法の本質を知っているのに、似て非なる報道をそれもトップニュースで報道するとはどういうことなのだろうか。考えられるのは記者クラブを隠れ蓑に報道利権を手にした報道機関が検察から睨まれクラブ除外されたくないから、検察側のリーク記事を垂れ流しているとしかおもえないんだな。サラリーマン・ジャーナリストの哀れさを感じるなぁ。

 政権交代して民主党政権になれば、記者クラブの一員でない雑誌記者やフリーの取材にも応じると小沢氏はいっているから、リーク報道だらけのマスコミ報道よりは少しはマシなマスコミ報道になっていくのではないか。それにインターネットもある。問題意識があれば、全ての情報を探し当てることができるし。マスコミに出られないのか出ようとしないのか、大変な識者が少なからずいるから、スペインにいてもおれもおおいに勉強になるよ。

 今回のNHK報道をみても、次期総選挙では政権交代を実現させなくちゃ、と強く感じる。そのためにはマスコミ報道の分析・解説を微力ながら、おれがしないといけないのかな、と考えているところだ。

 
[PR]