自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
小沢氏 続投
 大方の予想通り、天下のザル法・政治資金規正法違反だけで小沢氏の第一公設秘書を東京地検は起訴してしまった。これを突破口に新たな事実があるならまだしも、新しい事実の提示はなにもない。ムリ筋もいいところだ。元外務省事務官で国策捜査により起訴された佐藤優が「青年将校化する検察」と言ったそうだが、自分達の正義をゴリ押しした。おそらく権威に弱い日本国民の大多数は小沢はクロ、とおもってもしかたがない。

 こんな形式犯で衆議院選が間近にせまり政権交代をするかもしれない野党第一党の党首の側近をしょっ引くとは、よほど検察をはじめ高級官僚たちは、民主党が政権をとることに恐れをなしている、としか思えない。政権をとった暁には、民主党は取り調べの可視化法案を国会に提出すると公言している。密室の取調べが天下にさらされる。警察同様検察だってビクビクものだろう。それに民主党は高級官僚うずまく永田町支配を打破しようともしている。

 小沢氏本人が言っている通り、政権交代をして議会制民主主義を日本に根付かせることが一番肝要なことだ。民主党は一丸となってこの難局を乗り越えなくてはならぬ。そして検察官の圧力に負けて秘書が東京地検が望む内容をゲロッて代表辞任になっても、政権交代できれば本人は本望なのではないか。政策的には小沢氏とは意見があわないが、筋を通す男気におれは魅力を感じている。

 
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2009-03-25 07:51 | 日本ななめ切り