自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
溶解社会
 事故米不正転売問題で農水大臣が農水省には責任がない、と言ったり、年金改竄問題で厚労相が組織的関与があったことを認めたりと、社会としての末期的症状が次から次へと噴出している。

 人体に問題がある米を食用として転売することは、経営者の人間としてのモラルがおかしくなっている証拠だ。モラルがひとによっててんでんばらばらでは、社会としての共同体の体をなしていない。こんな溶解した社会はとことん落ちて、みんなが骨の髄まで痛い目に遭わないと社会再生はありえない。

 年金改竄問題もしかり。批判する気も失せる。こんな大人社会を見て育つ日本の子供たちがかわいそうでならない。まともな感覚をもった大人になるわけがないじゃないか。モラル喪失世代の大量生産だ。

 特効薬などないし、いらない。日本経済が瀕死の状態になれば、そこから新しい秩序が生まれる可能性がある。今回アメリカがAIGを救済をして金融恐慌を避けるのに必死だが、この一年以内に、金融関係の大型倒産や合併が軒をならべることになろう。金融恐慌を端を発しアメリカの覇権が吹っ飛ぶような世界が実現するとその波は日本経済を襲い、おれが理想としている溶解社会壊滅のための処方箋になる。まあ、そう簡単にアメリカは覇権を手放さないし、たんまりドル建て債権をもつ日本やEUが必死で先進国連合の第一社会繁栄維持のために結束するから、事はそう簡単には運ばないとはおもうが・・・

 個人的には近未来の騒動がいろいろ夢想できて、最近まれに見る高揚感がある。こんな楽しいことはないな。世界恐慌が起これば、おれも経済的逼迫をもろに受ける。たとえ自身が奈落の底に沈んでも、微動だにしない精神を維持する自分でありたい。
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2008-09-18 17:49 | 日本ななめ切り