自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「常識はずれのマナー」 中国副首相帰国を閣僚が批判
中国の呉儀(ウー・イー)副首相が、小泉首相との会談予定をキャンセルして帰国したことについて、24日の閣僚の記者会見では、対応を批判する声が相次いだ。町村外相は「おわびの一言もない。『外交的なマナー』なんて言葉を使わなくても、人と人とのつきあい方、信頼すべき人間同士のつきあい方がこういうことか、という思いがする」と強い不快感を示した。

どっちもどっちといえなくもないけれど、レベルの低い応酬を中国政府も日本政府もしているな。日中戦争で旧日本帝国の軍隊に痛めつけられた中国では、どうしても譲歩できない一線がA級戦犯が祀られている靖国神社への日本の首相による公式参拝だろう。このことを許していたら中国国内世論に示しがつかない、と中国首脳は確信している。

 コイズミさんも人が嫌がることを平気でする精神をお持ちのようだ。戦争でなくなられた人を参拝して何が悪い、と本気で思っている。先の福岡地方裁判所での判決で首相の靖国神社参拝は違憲との判決がでたが、どうしてこのような判決がでたのかわからない、とコメントしていた。道理でイラク攻撃は正義のためとのたまったブッシュ大統領と仲がいいわけだ。

 このような人が首相や大統領にさせている国民の精神レベルの低さにはうんざりするな。表面上は高学歴社会になっているが、何と言うことはない。世の中の問題の本質を追求する「眼」というものを大多数の国民が持ち合わせていない。というか学校教育や家庭教育で次世代の子供たちに教えていないということだ。

 戦後60年も経って、どうしてA級戦犯靖国合祀問題が解決できないんだろうか。それは天皇制問題も大きくからんでくるからだ。昭和天皇は戦争責任がある。そのことを踏まえて話を進めないから、いつまでたっても中国や韓国・北朝鮮とのしこりが解決できないんだ。そんなに国としてのメンツが大切か。おれだったら、ゴミ箱に捨てるけどな。

 せめてコイズミ首相も個人としては靖国参拝をしたくても首相在任中は参拝をやめるという思慮があったならば、今回の中国との政治摩擦は回避できたにちがいない。もう経済的には切っても切れない仲に中国と日本はなっているのだから、もう少し日本の首脳は大人になってもらいたいもんだ。といっても現状では無理な話か、政治家のレベルがレベルだから・・・子供は何をしでかすかわからない。みんな、自分の生活がへっぽこ政治に巻き込まれて破滅しないように気をつけろよ。


2005年5月24日 喜多武司

 
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2005-05-24 17:37 | 日本ななめ切り