自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
耐震強度偽装問題
 やっと耐震強度偽装問題も山場を迎えたようで、建築基準法の強化へと世間では話が進んでいるようだ。しかしどうも腑に落ちないことがある。そもそも1.0だとか0.5だとかいう耐震強度なんだが、そんなに信頼できるものなのだろうか。いったいだれがどんな根拠できめたことなのか。どうせ国土交通省の官僚がきめたことなんだろうが、どんな計算のもと決めたのかさだかではない。1981年以前の建築基準法では耐震強度の取り決め事体がない。

 耐震強度1,0以下の家に住んでいる人はごまんといるだろう。もし数値が正しいとしたら、その人たちの大地震の時の身の安全はどうするつもりなのか。どうも官僚の権限拡大のために建築基準法が良いように利用されている。ザル法である建築基準法なんていう人定法があるのも日本だけじゃないか?ヨーロッパでは聞いたことがない。

 姉歯建築士の場合は施工主の言いなりになったようだが、本来建築士というのは矜持をもった職人の世界だったはずだ。それがいつのまにか施工主の犬に成り下がっている。一級建築士が30万人もいれば不況時にはあぶれる建築士もいるんだろうな。一級建築士になるためには大学をでてから10年ぐらい平均でかかるという。その間、学科のほかに設計事務所で実務を勉強する必要もある。

 建物というのは設計図どおり100%造れないという。どうしても微妙な素材の違いが設計図で想定していたものと違う。そこをわきまえて施工主に進言するのが建築士の役目だ。それが建築基準法の強化で建築士の裁量が狭められている。

 ちなみに世間の誤解を解いておこう。耐震強度1.0の建物と0.5のものとでは大地震がきたときに0.5のたてものが無傷で1.0のものが倒壊する可能性だってあると耐震構造に詳しい学者先生がおっしゃっていた。そのくらい大地震と建築物の因果関係はよく分かっていないらしい。大地震が起きてみないと分からないということだ。こんなことはお上に牛耳られているマスコミでは絶対に公表されないけれどね。

2006年2月14日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2006-02-14 18:42 | 日本ななめ切り