自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
マンション耐震強度偽装事件
 一連の事件の報道をみていると誤解を恐れずに言えば、つくづく社会の必要悪であった「談合」という制度が黙認されたほうが良かったのではないかとおもう。利益が確保できれば今回のような考え方が関係者の頭をよぎらなったとおもうからだ。

 談合という制度は建設業界では良く行われていた。大変な数の中小零細業者にまで仕事が回るようにする制度でもあったのだ。また中小零細企業が不良とよばれる子供たちやこれといって才能のない労働者に仕事を回して受け皿になっていた。ある意味では民間における底辺労働者のセイフティーネットだったわけだ。

 もちろん親会社は公共事業も含めてたんまりと儲けたわけだ。しかし人命を脅かされるマンションをつくられるよりよほどよかったかもしれない。罰則が強化されて「談合」しずらい環境が最大の原因だとおもうのは俺ひとりだろうか。

 談合は悪ということで優秀な官僚が法律を整備し社会の隙間を埋めてしまったことが本当は問題ではないのか。社会のは隙間があったほうがいい、いい加減さといっていいかもしれない。なんでも計算どうりにきちっと行かないのが社会だということを再認識した方がいいだろう。

 もうひとつ感じたのは日本の生活世界の基盤というのは何なのかということだ。国会の証人喚問でひとりひとりが良心に誓って・・・と宣誓するが、この時の「良心」とはなんなのだろうか。ヨーロッパは宗教とルールが確立されている社会で、神にそむく発言が良心にそむく発言ということなのだが、宗教基盤やルールのない日本社会ではたして「良心に誓って」という儀式が必要なのか疑われる。偽証罪に問われるかどうかの低問題でしかないようにおもわれるからだ。

2005年12月17日 喜多武司

 
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2005-12-18 05:06 | 日本ななめ切り