自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
物忘れ、多し。
 久しぶりのボるタクシーに遭った。空港からホテルまで20ユーロぐらいのところを28ユーロだとのたまう。空港特別料金がはいっているんだとさ。まあずいぶんと遠回りしてくれたんだがそれはマドリッドの夜景を楽しむということでお客様には良いサービスなので許すとして、空港特別代金の水増しは勘弁してほしい。やんわりとこんなことをしているとだんだんと顧客がいなくなるよというのだが、それがどうしたとばかりに年配のでっぷりとした運ちゃんは強気になっている。

 まあ正規の空港割増料金をいれて26ユーロでどうだ、というとしぶしぶ了承。30ユーロをわたすと小銭がないので1ユーロないかとのたまう。2ユーロを渡すとおつりをくれない。おい、1ユーロは?というとそうだったなとばかりに1ユーロをもどす。(ずるがしこいやつだな)とおもいつつ車を降りる。向こうも開き直ってきたのか、てめえたちで後ろのスーツケースをおろせという。こんなアホに怒ってもしかたがないので、自分たちでおろすことにする。(荷物も降ろさないタクシーの運ちゃんは初めてだ。とうとうマドリッドの運ちゃんの質は、いままでもひどかったけれど最低だな)なんておもいながらホテルのなかに入る。

 夜中の12時を廻っていたのでお客様に注意事項や明日の予定などを手早くはなして家路についた。そして気づいたんだ。5ユーロ紙幣をもらっていないじゃないか。結局31ユーロも払ってしまった。夜中ということもあろう。ちょっとむっとしていたこともあろう。しかしこの物忘れはなんなんだ。おれも48歳。気持ちだけは10代・20代のつもりだけど、体がついていけないんだろうか。はじめて自分の体力に疑問を感じた日になった。

2005年7月31日 
[PR]