自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
既成事実
 イラク・サマワで自衛隊の車両が爆破されそうになったが、車両に一部傷がついた程度で難なきを得た。イラク復興支援といってきれいごとをいっても所詮、自衛隊は外国の軍隊なんだ。武力をもった軍隊だからこそイラクの人からすると俺たちの問題は俺たちで解決するから横からお節介をするなということなんだろう。

 もともとブッシュ政権が国際法を無視してイラク攻撃をしたのが、今のイラクの悲惨な現況になっているんだ。壊しといて復興もないだろう。それにしても日本社会の今回の事件にたいする鈍い反応はなんなんんだろう。そんなに人のことなんか構っていられないくらい生活が悲惨なのかい。

 そう、悲惨なんだろうな、と想像するよ。そうでも考えないと、日本国民の物事にたいする鈍さをが証明できない。人間、もっと他者にたいして優しくなれるはずなんだが、そんな人間性の良い面を日頃の忙しさにかまけてどこかに置き去りにしてきたというわけか。

 それに他者に惨状にたいする想像力というものも日本国民はずいぶんと衰えたもんだな。世界でも例をみない急激な経済発展の落とし子が、物質的豊かさと引き換えに精神的なものをずいぶんと退化させたとしたならば、なんのための経済発展だったんだろう。

 既成事実にたいして鈍感にならないでほしい。麻痺しないでほしいんだ。
そんな精神状態が常態化すると、ますます世の中、権力者の好きな方向に引っ張られていくよ。権力者の好きな方向というのはどういうわけかいつも民衆が痛い目にあう方向なんだ。

2005年6月26日 喜多武司
[PR]
by kitatakeshi-blog | 2005-06-26 04:48 | 日本ななめ切り