自分の人生の主役は自分なんだよ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バス停にて
 あさ、バス停で座っていると、あたふたとバス停に近寄ってきた50代のおばさんが、小銭入りをかき回しながら、あら5セント足りないわとつぶやいている。さっそく周りにいたわれわれにどなたか5セントいただけないかしら、とお願いする。確かバス代は1ユーロ55セントよね。小銭が1ユーロ50セントしかないわ。なければ、近くでお札を替えて来るんだけれど・・・中南米系の青年と、私のとなりにいたおばさんが、すぐに小銭入れをとりだした。そして青年が10セントを渡す。どうもありがとう、とおばさん。しかしすぐに小銭入れから5セントをとりだし、青年に渡していた。青年は少しはにかんだような表情をしながら、5セントを受け取る。

 心があたたまる光景であった。まずみんなが我先に小銭入れをとりだし、このおばさんの要望に応えようとする。近くに困っている人がいたら、真っ先に自分が助けようとする精神。この精神のありかたがすがすがしい。隣人・家族を大切にするカソリックの真髄が骨の髄まで染み込んでいることが、このような行動を起こさずにはいられないのだろうか。スペインに住む人間の心の豊かさに、はっとさせられた一瞬であった。
[PR]